解体工事の流れ

お客様や近隣の方々の安全にも配慮し、一つ一つの作業を確実に実行いたします。
御見積りは無料ですので、お気軽にお問合せ下さい。

1.お問い合わせ

お問い合わせイメージお電話・FAXにて新世長浜興業株式会社に問い合わせをおねがいいたします。
電話でもおおよその見積もりはできるのですが、実際にお客様のお話をきき、
現地を見て見積り(より正確な見積り)を出しております。お見積もりは無料です。

2.現場の調査

現場の調査イメージ家屋・建物の面積と家屋・建物以外の撤去物を調査することにより、明確な解体工事代金を算出することが出来ます。
調査では、建物の現状だけではく、近隣・周辺環境や工事実施上留意すべきポイントなども調査します。
また、現場確認をしながら 施主様のご要望をしっかりと伺いご希望に添えるように一生懸命頑張って検討していきます。
家具等の残存物品、特に家電リサイクル法の対象物についてもご相談下さい。
【所要日数/時間】1日~2日

3.解体工事の契約

解体工事の契約のイメージ担当スタッフがご訪問し、お見積書を提出させていただきます。
この時点でコストを含めての問題点が出た場合は解決策のご提案をさせて頂き、
施主様に信頼して自社にお任せ頂けるように誠心誠意努めてまいります。
契約後は、都道府県知事又は市町村長に届け出ます。
(延床面積80㎡以上の建物に関しては建物リサイクル法により分別解体の届出が必要です。)
【所要日数/時間】1日

4.お施主様との最終チェック

お施主様との最終チェックのイメージ家屋・建物やその他の解体工事の対象物を最終チェックします。
また、ご希望の方には神事の手配も行っております。
【所要日数/時間】1日

5.近隣への工事挨拶

近隣への工事挨拶のイメージ近隣・ご近所の方々に迷惑をおかけすることがないように、
工事着工前に現場責任者が責任をもってご挨拶に回ります。

6.引込配管、配線の撤去の手配

引込配管、配線の撤去の手配のイメージガス・電気・電話機・メーターの撤去、トイレの汲み取りなどを行います。
水道は解体中の散水用に使用しますので、残します。
1週間位前から準備を始めるのが良いと考えております。

7.足場養生

解体工事は、高所での作業が伴うため、足場養生の組み立てを行います。
弊社では足場養生まで自社で行っており、しっかりとした管理とコスト削減が出来ます。

足場養生のイメージ足場養生のイメージ

8.工事着手事前作業

工事着手事前作業のイメージ (1)作業場所及び搬出経路の確保等を図ります。

  • 吹付け石綿その他の特定建設資材(※)に付着した物尾の除去等を行い、他の建設資材物と混ざらないように適切に分別処分します。
    ※特定建設資材とは(コンクリート、コンクリート及び鉄から成る建設資材、木材、アスファルト・コンクリート)
  • 工事は、技術上、安全管理上等の条件を踏まえ、必要に応じて手作業又は、手作業及び機械作業の併用により行います。

(2)建具・畳の撤去・内装材等の取り外し(手作業により行います)

  • ※内装材に木材・ボードがある場合は、(1)まずボードを撤去 (2)木材 の順序で取り外します。

(3)瓦屋根ふき材の取り外し(手作業により行います。)

9.重機による家屋・建物本体の解体

・外装材・上部構造部分(※)の取り壊し
(※上部構造部分とは、構造耐力上主要な部分のうち、基礎・基礎ぐいを除いた部分のことを言います。)

・木材・鉄骨等搬出

・基礎および基礎ぐいの取り壊し

重機による家屋・建物本体の解体のイメージ重機による家屋・建物本体の解体のイメージ

10.リサイクル処分

リサイクル処分が可能な物は分別撤去し環境に優しい解体工事を行います。

リサイクル処分のイメージリサイクル処分のイメージ

11.基礎撤去

建物が撤去されましたらコンクリートがらや木屑を作業員や重機で取り除きます。

基礎撤去のイメージ基礎撤去のイメージ

12.整地及び清掃し解体工事完了

地面を重機で踏み固める転圧作業を行って整地し更地化します。
作業用の道路等現状復帰をするために清掃を行い解体工事完了となります。
ご要望であれば仕上げに真砂土を敷くことができます。
(右の写真が真砂土を敷いた施工の写真です。)
立会い確認して、ご納得頂きご請求させて頂きます。

整地及び清掃し解体工事完了のイメージ 整地及び清掃し解体工事完了のイメージ